2005年03月19日

んぎゃな(にがな)

050319.JPG

沖縄の家庭では一般的に食べられているんぎゃな(にがな)。
にがなっていうぐらいなのでかなり苦い。
ピーマン、ほうれん草の苦さなんヘみたい。
シーチキンと和えたり白和えにして食べるのがごく一般的。
(上の写真はシーチキンとマヨネーズで和えたもの)
味つけしてもびっくりするっほど苦くて慣れるまでは舌がしびれてくる。
でも慣れれば病みつきになってついつい食べてしまう。
「良薬口に苦し」とは言いますが、とっても身体に良いそうです。

【んぎゃなの効能】
ポリフェノールが多く、抗ウイルス作用、動脈硬化の原因となるLDLの酸化を抑制する作用がある。
豆腐の原料・大豆のイソフラボンとポリフェノールをドッキングした「にがなの白和え」が
とても体に良いとされている。(おもいっきりテレビHP参照)
posted by 93 at 14:30| 沖縄 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。