2005年08月01日

ダイビンGOOD!

昨日は久々にダイビングしてきたー!
最近はもっぱらシュノーケラーだったのだけど
タンクが余っていたので器材を借りてダイビング。

いやーやっぱシュノーケルもいいけどダイビングも捨てがたいな。
シュノーケルでは深い所に行けないし、水中でゆっくりもできない。
でもダイビングなら気にせず水中でゆっくりできるもんねー。
って言っても空気がなくなれば上がらないといけないんですけどね。

入ったポイントが水深15m付近に大きな枝サンゴの根があってスゲー圧倒された。
大きさはどのくらいだろう…30×10m、高さ5mくらいはあったかな。
その根では大きなタマン(魚の名前。正式名称わかんない)が20匹くらい群れをなし、
その上をグルクン(タカサゴ)の群れがスイスイ泳いでいた。
うぉ〜天然の水族館だぁ。なんだか久々にゆっくり潜って感動したなー。

でもある事に気になりつつ泳いでいたのも事実。

ダイビングやってる人だったらわかるかと思うのですけど
水中では圧縮した空気を吸ってるので潜ったり浮上したりするのに決まりがある。
守らないと大変な事になりますぜぇ(病院送りにもなりかねない)。
でも普通はそれを簡単に教えてくれるかしこい装置(通称、ダイコン)を持って潜る。
けど、昨日は潜る予定もないと思ったとこに「行くぞ!」と声がかかったので
そんな装置も持ってなければ、スーツも着用していない。
ひょえー、初ノーウェイト、ノーダイコン。

でもやっぱ経験がものを言いますね。

ウエイトがなくてもぜんぜん浮力調節もできたし
ダイコンがなくても水深計と時計さえあったら自然と計算して泳げた。

あらためてダイビングを教えてもらった方々に感謝、
そしてめげずに2年間、毎月ダイビングに通っていた自分に惚れ惚れw
ちなみに経験本数140本くらい(初めて5年になります)だったかな。
最初の2年で100本潜ってあと40本は3年の間でだらだら〜と潜ってます。

とは言いましたけど、変に自信を持ってはいけないのがダイビング。
海の中ですから、一歩間違えるとあの世と隣り合わせなのが事実。
楽しさの裏側にはリスクがあるってもんです。
だから今回はとってもイレギュラーでノーウェイト、ノーダイコンだったけど
次からはちゃんとスーツを着てダイコンも持ってダイビングしないとな。

050801.jpg

うっ、今日から8月なんだね。
posted by 93 at 11:19| 沖縄 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。