2006年03月09日

大阪直行便11月廃止

front.jpg

ANAの関西-宮古直行便が今年の11月で廃止になる事が決定したみたいです。
(今日の宮古毎日新聞より)

理由は那覇を拠点にし、那覇-本土間、那覇-先島間を増便する事で
全体の輸送量を増やすとか。

決して関西-宮古間の利用率が低迷しているからではないそうです。
継続を求めて要請活動もするとか。

私は大阪出身とは言え、この区間の利用が多かったわけではない。
大体いつも那覇乗り換えで伊丹着にしている。
だって関空は実家から遠いし、行くのにやたらお金がかかる。
それなら乗り換えてでも近い伊丹に着く方を選んでしまう。
それに那覇空港でお土産屋さんを見てまわるのをちょっと楽しみにしていたりw
そうなると利用するのは便数の多いJTAやJALを利用する事が自然に増える訳で。
だから一個人として考えると特に無くなって困るという訳ではない。

でも大阪から宮古に旅行に来る人にとっては乗り換えは不便そうなので
無くなってしまったら、来なくなってしまう人も多少は増えるかも…。

要請活動で今後どうなるのか動向が気になるところです。
posted by 93 at 09:57| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。